• ホーム
  • IPOとは一体どういったものなのか?

IPOとは一体どういったものなのか?

昨今の日経平均株価の高騰もあって株式投資の話題を良く耳にします。その中でIPOという言葉を聞きますが、一体IPOとはどういったものなのでしょうか?
IPOとは未上場企業が新規に証券取引所に上場して株式を売り出すことです。これにより新規上場企業は株式市場を通じて投資家から広く資金を集めることが出来ます。
IPOとは単に新規に株式を売り出すことをだけで話題として取り上げられる訳ではなく、投資家にとって様々なメリットがあるため注目されるのです。IPOによる投資家への最大のメリットは、上場後に株価が上昇することが期待出来るということです。これまでのIPO銘柄の多くが上場後に株価が上昇している傾向があります、また公募価格が低めに設定されていることも上場後の株価上昇の一因です。その他にも近い将来に株式分割を行う企業が多いことがあります。株式分割をすると流動性が高まるため株価上昇に繋がりやすいです。
逆にデメリットとしては、新規公開株は上下の値動きが激しくて株価が落ち着くまでには数ヶ月ほどかかることです。もちろん公募価格よりも価格が下がることもあります。そのためIPO銘柄は初値で売却するといった方法もあります。
IPOを購入するには、提示された仮条件を参考に希望購入価格と希望購入数量で申し込みを行います。その後公募価格が正式に決定され抽選によって購入者が決められます。このように抽選によって購入者が決められますので、必ず購入出来るわけではありません。しかもIPOにはメリットが多いので倍率も決して低くはありません。何とか購入したい場合には、複数の証券会社に口座を持っていましたらその分当選確率が上がりますので、事前に口座を用意しておく方法もあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧